在校中のお客さま

CLOSE

BlogみなとDSブログ

クリスマスツリーを飾りました

12月に入り、今年も残すところあとわずかとなり、御堂筋の街路樹にも色とりどりのイルミネーションが煌めく季節となりました。

大阪みなとDSでは、2階ロビーに大きなクリスマスツリーを飾りましたが、

クリスマスツリーの一番上についている星☆には、実は意味があることをご存知でしょうか。

クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う日として広く知られていますが、一番上の星はキリストの生誕に由来があります。

一番上の星は、ツリートップ(トップスター)と呼ばれますが、別名「ベツレヘムの星」とも呼ばれるそうです。

パレスチナのベツレヘムという地でイエス・キリストが生まれたとき、それを知らせるように、空に見たこともない星が輝いたそうです。

その星は「希望の星」と象徴され、天に一番近いツリーの頂点に飾ります。

ちなみにイギリスでは、星の代わりに天使を飾るところもあるようですよ。

(※諸説あります)

一番上の大きな星を飾り付けると、一気にクリスマスっぽくなりますね!

ぜひ240cmのクリスマスツリーをご覧ください。