在校中のお客さま

CLOSE

BlogみなとDSブログ

消防訓練を実施しました

先日、職員による消防避難訓練を行いました。

 
万が一、校内で火災を発見した場合、消火器を使用した初期消火を行います。
 
 
■消火器の使用方法

①消火器を火元まで持ってくる

②黄色の安全ピンを抜き、ホースの先端を持つ

③ホース先端を火元に向け、レバーを強く握る
 
 
■火災を発見したら

1「通報」=非常ベルを鳴らし、周知させる

2「初期消火」=消火器を用いて消火を行う

3「避難」=初期消火ができず、天井まで火が上がるようならすぐに避難する

 
消防訓練を実施している事業所においては、初期消火実施率が高く、焼損面積も小さい傾向にあり、
また、消防訓練を実施している事業所と実施していない事業所では、焼損面積に約2倍の違いがあるそうです。

消火器を使用した訓練を行うことが、いざという時に役立ちます。

日頃から消火器の設置場所も確認しておくと良いですね。